岡山の賃貸

岡山でも転勤や単身赴任、下宿などの人が入れ替わり立ち代りし、賃貸物件の稼働率も非常によいものとなっています。

しかし賃貸物件はずっとその場所で生活しないことが前提で借りる人も多く、また自分所有の物件でないことから粗末に扱ったり、乱暴に生活する人も多いものです。

襖や障子がボロボロに破られていたり、水周りもパッキンが緩んでも交換しない、また床やカーペットにキズや汚れをつけても放置したままという人もいるほどなのです。

しかし特に自腹を切って自分でメンテナンスしないのが賃貸のメリットであり、魅力であるとも言えるのです。

しかしこうした賃貸物件を退去する際は注意が必要です。

出る直前に大家と不動産業者立会いの下、室内全体を点検確認に来るのです。

その使用された状態や傷み具合によって、修繕のために敷金から費用が捻出され、傷みや損傷が激しい場合は高額の修繕費用を追加で請求されることもあるのです。

こうした痛い目に遭わないために、出る前には襖や障子を張り替えるなど最低限度のことはしておくことが大事なのです。